プリザーブドフラワー専門店:Ange Blanche【アンジェ ブランシェ】
プリザーブドフラワー専門店 アンジェブランシェ
プリザーブドフラワーの種類
オンラインショッピングトップページ
オンラインショッピング 季節物
オンラインショッピング アレンジメント
オンラインショッピング コサージュ
オンラインショッピング ブーケ
オンラインショッピング 壁飾り
お店紹介
お問い合わせ
特定商取引法に関する記載事項
プリザーブドフラワー日記ブログ
リンク
ダイイチホーム
プリザーブドフラワー
プリザーブドフラワー
 
 
プリザーブドフラワー 赤とピンクのバラ

1本ずつ大切に、プリザーブドフラワーを受注生産

 

プリザーブドフラワーの作り方は?

フラワーギフトにもインテリアにも今大人気のプリザーブドフラワー

保存された(Preserved:プリザーブド)花という意味のプリザーブド・フラワーは、生花と比べても劣らない鮮やかさ、柔らかさを保ち、生花をそのままに特殊な加工(生花に特殊な薬品や保存加工技術)を施し、【長い間美しい姿を保つことができる花】となりました。なお、加工に使う液体はオーガニックと着色料で人体に有害ではありませんからご安心下さい。

プリザーブドフラワーの保存期間は?

アンジェ・ブランシェではご注文をいただいてから作ります

プリザーブドフラワーは、起源であるパリのような環境の中では10年その姿を保ちます。
日本のような高温多湿な気候の中であっても、花の種類や保存状態にもよりますが、大体1〜2年間程度、その美しさをキープするとができます。プリザーブドフラワーを長期保存するためには箱に入れて大切にするといいのですが、それではプリザーブドフラワーの折角の魅力が活きませんよね。そこでアンジェ・ブランシェでは、例えばクリアドームケースに入った、そのままインテリアとしてお部屋を素敵に彩る、しかも比較的長期間保存できる手軽なプリザーブドフラワーをご提供したりしております。
アンジェ・ブランシェは新鮮なプリザーブドフラワーをお客様にお届けしたいので、ご注文をいただいてから1点ずつ製作を開始しております。多少お時間はいただくことになりますが、できたばかりのプリザーブドフラワーを少しでも長く楽しんでいただきたいからです。

プリザーブドフラワーはどんな花で作るの

バラで作ったプリザーブドフラワー
バラの花で作った
プリザーブドフラワー

バラ、アジサイ、カーネーションetc...

プリザーブドフラワーは、特殊な加工をしますが、加工の方法も花によって異なります。主流はバラ、アジサイ、カーネーション、ライスフラワーグリーン類(葉)などです。
日夜研究が進み、今後プリザーブドフラワーにできる花の種類が増えていきますので期待してください!

プリザーブドフラワーのカラーは?

プリザーブドフラワーならではの色も

プリザーブドフラワーは独自の加工を施しますので、生花にはない色を演出することができます。 カラーバリエーションは年々充実してきております。
プリザーブドフラワーの鮮やかな色の数々をご覧下さい。

取扱上の注意

プリザーブドフラワーは生花と取扱方法が異なります

プリザーブドフラワーは生花とは取扱方法が大きく異なります。
商品の中に、プリザーブドフラワー取扱説明書を同梱しますのでご安心下さい。
水やりは不要です!生花ではありませんので水を与えないようにしてください。
生花と同様またはそれ以上に繊細ですので、できるだけ手で触らないでください。
直射日光、高温多湿、冷暖房の風が直接当たる場所には置かないようにご配慮ください。
(冬場、加湿器の側は避けてください)
プリザーブドフラワーが湿気を含んだ状態(湿気などで花の色が透明になっている、花の脈が見える、触った感触がかなり柔らかいなど)になってしまった場合には、プリザーブドフラワーを乾燥剤(シリカゲル)と共に密封しておくと元の状態に戻ることもあります。
色落ちにはお気をつけください。
(着色加工をしてありますので、プリザーブドフラワーが他の物、特に衣類に直接触れないようにしてください)
Copyright 2006 Ange Blanche.Co.,Ltd All Rights Reserved. Presented by ComCo